スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性麻雀教室最終回

本日7月最終日に、女性麻雀教室の最終回が行われた。今回のテーマは、点数計算の概略を覚えること。麻雀のルールや進行方法がわかって、一応最終的な「点」の計算原理を理解しておけば、ゲームを自分なりに《組み立て》られるだろうし、またそれゆえに、楽しむことも可能になると思ってのカリキュラム編成であった。

レッスン7:翻数の原理
前回学習した「役」には、当面覚えきれないほど、たくさんの種類があるわけだが、それぞれの「役」はその《美しさ》に対応して、「翻数」(ファンともハンとも発音)が決まっている。例えば、タンヤオは1翻(イーハン、イーファン)である。チャンタは2翻である。タンヤオよりもチャンタの方が「美しい」乃至は「難しい」とルールは《判断》しているわけなのである。イーペーコーという役がある。タンヤオでかつイーペーコーであることは「可能」である。もしそのような完成形14牌をそろえられれば、タンヤオの1翻とイーペーコーの1翻で、「2翻の手を上がった」ということになる。
翻数は、「点数を倍化する」回数を決定している。麻雀の上がりの点数の基本は後ほど詳細に述べるように20点でなので、例えば、2翻ならば、20×2×2のように、2回2倍するわけである。よって、なるべく翻数をたくさん《重ねる》ように手牌を作っていくことが、重要な「戦略」になる。
以上の説明の後で、実際の上がり形の例を牌で作成しつつ、「役」の説明と「翻数」の関係を説明した。対対和の2翻と清一色の5翻を《重ね》たり、平和の1翻と三色同順の2翻を《重ね》たり、いろいろな「役」を《重ねる》ように提示してみた。
その上で、ドラという考え方を紹介。「役」が1つ以上入って、上がりになったときに、結果としてドラが入っているとドラ1枚につき、1翻付加されるという「ルール」がある。だから、ドラが3枚あると、最低限上がりの1翻があるので、4翻まで翻数がアップすることになる。このことを念頭に置きつつ「役」を作ることが、重要な「点数アップ」戦略(つまりは勝つ秘訣)になるわけだ。ただし、ドラ自体は「役」ではないので、ドラがいくらたくさんあっても、「役」なしでは上がれないことになっている点を強調。(自身の経験を振り返っても、結構難解と思えた時期があった。)
そして、最後に「バンバン」と《自動的に》加算する翻数2(リョウゾロ)の説明をして、レッスン7は終了とした。

レッスン8:基本の点数と実際の計算方法
先ほどは2翻の上がりの点を「20×2×2」と説明したわけだが、実際の麻雀では何千点もの点棒が行き来している。なぜそんなに数字が大きくなるかと言うと、点数計算は、本当は次のようにやっているのである。
まず、基本点(「副底」とよぶ)20点に、手の内容による細かい付加点がある。これはかなり細かい規定になっている。大体は、どんな手でも、付加点が10から20点あるので、ベースは30とか40点になる。
次にその点数を4倍する。これは、麻雀のメンバーが4人だからと考えていい。例えば、30点の上がり形の場合は、最初に30×4=120を算出して、これに翻数をかけていくことになる。2翻ならば、120×2×2、ここでリョウゾロを思い出して、バンバンと、×2×2を追加する。つまり、120×2×2×2×2となり、1920点が実際の勝利点となる。点棒は最低単位が百点なので、2000点をもらうことになる。
具体的な例として、タンヤオ平和三色の手を作って、計算のやり方を実験してみた。(面前、リーチなし、ロン上がり)
1,翻数は4である。
2,基礎点は、細かい規定は触れずに、30点とする。
3,30×4の120点をベースにする。(麻雀は4人でやっているからね。)
4,120×2×2×2×2、さらにリョウゾロで、×2×2
5,結論 7680点
6,百点単位に切り上げて、7700点

同様に、いろいろな手を実際に提示して、計算方法を学習してもらったのだが・・・

ここまで説明してきて、麻雀の基礎を4回ですべて《伝える》ことは至難の業と自覚した。
順子のゼロ点、刻子の2から8までの点数差の決まり、カンの8点から16点のルールなどは、「表」になったものを見てもらったわけだが、初級女子にはかなりつらいものだったようだ。ましてや、ツモの場合とロン上がり(放銃、フリコミともいう)の細かな付加点の決まりは、精密に伝えようとすればするほど、生徒さんたちは「絶望」していくように感じられて、とても言及できなかった。

今回、このような形で教室を開講してみて、自分自身が「学ぶ」こと多かった。
生徒さんたちも、「難しい」ところと「わかる」ところを自分の中で《自覚》してやっていけば、楽しみつつ、麻雀の少々ややっこい世界を理解して、《強く》なっていくだろうと思った。
参加してくださった、Tさん、Mさん、Kさん、ありがとうございました。
麻雀には、「その人のキャラがもろに出る」面があって、やっていけば、面白いことも多いと思います。
お元気で。



スポンサーサイト

8月はシニア向け麻雀教室!

7月より始まり、好評頂いている麻雀教室ですが、8月はシニア向けに
行います。木曜の夜、または土曜のお昼に開催しますので、
ご興味頂けましたらぜひご参加ください。当倶楽部マスターが一から
基礎をお教えします。また、女性雀士がアシスタントとして教室に入ります。

8月度テーマ:麻雀初歩 for Seniors 「晴耕雨読、たまに麻雀」

日時:土曜日(8/7,14,21,28) 午後2時から4時まで
   木曜日(8/5,12,19,26) 午後6時から8時まで

カリキュラム:
1.麻雀の原理/考え方
2.ゲームの進め方
3.基本的ルール
4.役(やく)と点数

参加費:各回2000円(サービスビールとおつまみが付きます。)
募集定員:8人(連続参加が原則ですが、途中離脱もOK)

参加申込方法:電話やメールにてお申し込み下さい。
  ★4人セットでお申込の方たちは、参加費を20%バーゲンします。
  ★このワークショップは、当日受付をいたしません。必ず予約願います

特典:ささやかですが、参加お礼のアイリス限定プレゼントがあります。

第三回女性麻雀教室

昨7/24土曜日は三回目の女性麻雀教室だった。これまでの2回で、ゲームの基本はだいたいわかってもらえたので、今回は、実際のゲーム進行にあたっての「ルール」を理解してもらうような内容とした。
レッスン5:ポン・カン・チーについて
最初に配られた13枚を「ハイパイ」(配牌)といい、順番に1牌持ってきて、捨てることを「ツモ」および「打牌」という。この繰り返しが《基本》だが、他人が捨てた牌が自分にとって「有益」なときには、それを「もらう」(拾う)ことが出来る。この「もらう」操作を一般的には「鳴く」と称する。刻子が出来上がるように他人の捨て牌を拾うことをポンという。順子が出来るように拾うことをチーという。同じ牌を4枚集めたものはカンである。カンについては、いろんな説明が必要であるが、現段階では、ミンカンの理解だけでよいことにした。
ポンはだれの捨て牌でももらってよい。チーは自分の上家からのみもらうことが出来る。他の二人の捨て牌がチーになるとしても、それはもらえないのが決まり。カンはポンと同様に、だれからでもよい。
以上を説明した上で、実地で手牌オープンの模擬ゲームを実施してみた。今回は「鳴き」の練習なので、前後の見境なく、鳴けるものはすべて鳴いてみて、一刻も早く上りに持ってゆくようにやってもらった。当然、最後の上がり牌をツモる場合もあるけれど、他人が捨てた牌が、最後にチーやポンできて、終了するということが生じる。ここで、上がりにはツモ上がりとロン上がり(栄和)があることが実地にわかってくる。ポンとチーが同時に求められたときには、ポンの要求の方が強い、というルールを説明。(実際にはポンとチーがぶつかるケースは少ないけれど。でもたまにはある。)チーによって順子を完成させようとした人は、ポンによって刻子を作ろうとしている人には《負ける》のである。かくして、実際のゲームでは、しばしばツモだけでなく、「鳴く」ことで、より良い手をより早く作ろうとする「戦略」が取られることになることを理解してもらった。
レッスン6:これまでのレッスンによって、最低限のルールは話せたので、本格的に「ルールに従ったゲーム」を実施しつつ、役の考え方を話し始めた。「2+3*4=14」の完成形=上がり形には何かの「役」が1つは入っていないといけない!!!
例えば「断ヤオ」という役がある。これは、14牌すべてが、老頭牌を除外している上がり形である。老頭牌とは数字牌の1と9と字牌のことを言う。老頭牌以外の牌はチュンチャン牌と言う。だから「断ヤオ」はチュンチャン牌だけからなる上がり形とも言っていい。
逆にチャンタという役がある。これは14牌がすべて老頭牌に《からんでいる》場合の役である。全部を老頭牌だけで作るのは至難なので、「からめ」ばよい。つまり、「99+789+123+字字字+111」とか・・・・
ここに至り、ルールはぐっと難しく、「覚えないとだめ」な部分が拡大してくる。ここらが、麻雀を覚えて、楽しくゲームできるようになるか、「一応知ってるけど、あんまりわからない」という《周辺部》の人々との差なのであろう。
「役」のリストというものがある。ここには、いろんな「役」の説明が書いてある。覚えてしまっている人間にとっては何ということはないのだが、入門女性たちは、リストを前にして、しばし呆然の体であった。ここで「麻雀ぎらい」になられては、当教室の意義がなくなるので、自分自身の経験を話す。「役」は少しずつ覚えていけばよい。みんな、だれもが、少しずつ覚えるしかなかった!たくさん覚えている人は確かに強い可能性はあるけれど、絶対に強いわけでもない。「役」は手の《美しさ》の客観的な基準を示しているから、「なるべく美しく」という基本を念頭においておけば、だんだん身につく。「美しく作った」と思ったときに点数が低かったら、「こんなに美しく作っても点数低いの?」と聞けばよい。そうすることで、自分の「美しさ」基準とルール上の「評価」の関係がじょじょにわかってきて、ルールの根本思想が見えてくる。思想が見抜ければ、個別の規定などはちょろいもののはず・・・。
最後にリーチという役について説明する。まったく鳴くことなく、ツモのみで「最後のあと1枚くればよい」というところ(聴牌)まで持ってこれれば、「リーチ」と宣言して、以降手を変えずに、「最後の牌」を待つようにすると、「リーチ」自体が1つの役になる。中身の《構成》はまったく問題にしない。断ヤオでなくても、チャンタでなくてもいい。だから、初心者が何も分からずに上る方法として、鳴かずにがんばって聴牌し、何でもリーチをかけてしまうという「方法」はある。ただし、これではレッスン5で学習したポン・カン・チーの戦略は取れないことになる。これでは「不利」ではあろう。だから、なるべく役を覚えていきましょう、というのが今回の結論になったのでした。
次回は最終回。役を意識しつつ、点数計算の原理まで話して、入門講座を完成したいと思う。

本日小山社長来店

今日突然、ワールドジャパンの小山社長がアイリスに来店した。社長は、わがアイリスの姉妹店(もちろん姉店)新橋「あじさい」の代表である。同氏との交流は、私がビジネスに興味を持ったとき、脱サラ起業の先輩としていろいろ教えてもらう、という関係の中で深まってきた。(小山氏は妻の元上司であり、その経路で交流は開始した。)私は、人生のそれぞれの局面で、心から信頼できる人物と《出会える》という「特技」というか、「運命」を持っている。高校時代のEBIちゃん。すべてを語り合った仲だった。会社時代のマツさん、今も時々一緒に飲んでいる。教員になってからも、それぞれの学校で、決定的に仲良しになったキーパーソンがいた。あの学校のあの人、というようにイメージがぱっと浮かぶ。そして、退職後の最大の出会いは、小山社長だった。小山氏は、折に触れて、薀蓄のある「格言」を引く。いつかブログでも書いたことのある「人生いたるところ青山あり」も、余人が言ったら、少々陳腐になるところだが、小山氏の口から出ると《信じる》気になってしまう。それだけの実績と人柄がついて回っている、ということだろう。
今日のいろいろ会話した中でも、「たかが雀荘、されど雀荘」がある。以前なら、実感が伴わない《理解》で終わると思うが、いまは、本音でそう信じられる。そう、世間全体の《評価》では、「たかが雀荘」であろう。しかし、実際に経営してみると「されど雀荘」。軌道に乗せ、利益を出し、従業員をちゃんと雇用して、営業的に成功するのは、並大抵のことではなかった。その「並大抵ではない」点で、どんな起業もすべて、同じだったのだ。
今私は全力で、あじさいの「成功」に近づこうと努力している。社長に会えて、ファイトが一段と燃え上がる気分であった。近々「飲む」約束ができたことも、収穫のひとつ。またいろいろ話ができたら、ありがたい。
本日の小山氏のおみやげは、講談社文庫『永遠のゼロ』(百田尚樹)であった。乙。

アイルランド同機会

この三連休、お店は最小限のopenとした。開店以来、初めての「連休」で少し、のんびり。
この閉店中を利用して、「アイルランド同機会」の会合を当店で開いた。この集まりは、もう6年ぐらい前になるアイルランドツアーのときに、たまたまご一緒して仲良しになったメンバーが4人、時々会っては、都内のアイリッシュパブ を飲み歩いている集まりである。これまでにたずねたお店は、20軒ぐらいになる。
今回は特別に、パブではないが、ギネスが用意してある、ということで当店を利用してもらったわけだった。
あのアイルランド旅行は、私のあまり多くはない海外体験の中で、最も《冒険的な》旅行として印象深い。
どうしてもツアー参加となると、「動く日本列島」状態で、あまり積極的に現地の街中に繰り出す、ということができにくいのだが、あの時は、今回集まった4人(というよりは私以外の3人)が、大変《度胸がよく》、どんな街でも、現地のパブに繰り出したりして、生の「アイルランド」に触れる体験ができたのだった。
忘れもしない、初めて出かけたゴールウェーのパブでは、何しろ「ジェイムソン」と言っておけば何とかなる、というアドバイスだけを頼りに、アイルでごったがえすパブのカウンターに《突進》したのだった。アイルランドでは、日本風のオンザロックは「アイス」という。ジェイムソンのアイスを手に入れて、パブのテラスの一角に腰を下ろして、街路を眺めたときの気分は相当、いいものだった。その翌日からは、行く先々で、パブを飲み歩いた。
そして、そうこうするうちに、4人は《仲良し》になり、帰国後もパブを訪ね続けているわけなのだ。
実は、この4人、プライバシーをあまり《詮索しない》という共通点があった。
どこに住んで、何を職業とし、どんな家族か、なんてことは相互に質問しあったことが一度もないのである。ただし、長い付き合いで、現在では、相互にどんな「人」かはだいたいわかっている。少しずつ、会話の流れの必然性から、いろんなことが「語られて」今日に至っている。メンバーの一人が「すぐに身元調査みたいな会話になるのはいやだ」と語ったことがあるが、そのへんの《放任主義》が、たまたま些細なきっかけで知り合い、長い付き合いができるようになった「コツ」だったのかも知れない。
私の今回の《冒険》は、少々みんなを心配させてしまったようだった。早く安心してもらえるように、お店を軌道に乗せたいものだと思う。
何しろiRISの店名はIRISHも意識していたぐらいの《熱狂的》アイリッシュファンになった私なのである。
当店は、パーティ仕様にいつでも「変更」できる店なので、いろんな会合に利用してもらうのもありがたいところ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。