スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都八瀬はなだ

京都の八瀬に「はなだ」というお店がある。こちらから「五周年御礼」のご挨拶状が届き、ちょっとブログで《紹介》してみる気分になった。麻雀とはまったく関係ない話のうえに、場所があまりにも《遠い》わけで、ミスマッチもいいところなのだが、ちょっとだけ書く。
2009年3月末に仕事を早期退職してしまった私は、4月はじめ、何はともあれ、旅に出たいと思い、まったく事前計画ゼロで京都に出向いた。このとき、私の中では、ひとつの《賭け》が意識されていた。今まで、サラリーマンとして「定型」の人生を生きてきて、「きまぐれ」とか「気まま」とはまったく縁がなかったけど、これから後の人生は、そのようなフワフワした生き方ができるだろうか、ということをこの旅行で「占い」たいと考えていたのだった。旅の詳細はともあれ・・・、結論を言うと、この旅行が終わったとき、「いける」と思ったのだった。まったく無計画で、その場その場で次のことを考える、という方式でも、結構楽しいことや満足できることがいっぱいあって、サラリーマン時代とはまったく違う生き方もやれそうだと感じたのだった。その楽しいことや満足の象徴が「はなだ」だった。事前にグルナビで調べていたわけでもないし、口コミで評判を聞いていたわけでもない。行き当たりばったりで、「はなだ」に行き着いた偶然を大ラッキーと思ったのだった。女将のもてなしは気分がよいものだったし、もちろん鯖寿司もよかったし、室内調度も落ち着いていた。こういう幸運を引き当てられる自分は気まぐれにでも生きていけるだろう・・・・。「八瀬・はなだ」でグルナビを見れば、店の詳細は載っているので割愛するが、何しろ素敵なお店だということを言明しておきたい。また、行きたいが・・・。
スポンサーサイト

あわやクワトロ役満

先週末、ここのところほぼ毎日来店いただいているNさんグループが、土曜日とて深夜に及び、大ドラマあり。大三元・字一色を栄和了したとのこと。役満については、了解いただければ、「記念撮影」しているので、ケータイでパチリさせていただく。振り込んだK氏は当然ぼやくことしきり・・・。さてさて、ケータイ写真をあとでよくよく見てみたら、白ポン1フーロのみの和了。中と發暗刻、西暗刻、南単騎待ち。つまり、三暗刻対対和の単騎待ち。・・・ということは、へたをすると四暗刻・大三元・字一色を達成したかも知れず、さらに四暗刻単騎待ちのダブル役満だとするとクワトロ役満。まあ前代未聞の手を見せていただいた週末ではありました。

I 様、おめでとうございます

当店がopenする前、改装工事中の旧店舗を訪ねてきて、リニューアルオープンを《待って》くれていたIさんは、アイリス開店後、貴重な「固定ファン」の一人として、定期的にお仲間とのゲームを楽しんでもらっている。
Iさんのグループが来店するのは、たいてい金曜日。先週の金曜日も、恒例のように、午後5時ぐらいから、当店の《お気に入り卓》でゲームをスタート。そして・・・7時ごろ、少しのざわめき・・・役満らしい・・・。役満について、こちらから「どうしました?」とはやらない方針なので、静かにしていたところ、Iさんが声をかけてくれて、「役満やったよ」と・・・。見れば「単騎待ち」で栄和了している。世に言う「スッタン」である。まあ、四暗刻はポピュラーな役満といえるだろうが、単騎待ちは確実に希少。お祝いのビールならぬ、ご所望のコーラをさしあげて、喜びを共有した次第。Iさん、いつもご利用ありがとうございます。そして、スッタンおめでとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。