FC2ブログ

ブログに「コメント」をもらう

先の「嵌5索一発ツモ&役満字一色栄和了」のDekkyさんの記事に関連して、ご同僚の同卓者から「コメント」をいただきました。今まで、お客様から「コメント」を頂くということがほとんどなかったので、大喜びしつつ、いろいろマニュアルを参照して「承認」手続きをいたしましたが、さてさてどうなりましたか・・・。ちゃんとブログに反映すればいいのですが・・・。コメントの趣旨は、「役満和了だったのに、半荘終了したときには、実は箱点すれすれだった」という、これまたびっくりするような《真実》!!確かに麻雀というのはドラマチックですね。昨日も三人麻雀で、四暗刻単騎と小四喜を和了した方が、その日のトータルではマイナスだったとぼやいていました。まあ、「長期的には均(なら)される」ということなのでしょうか・・・。
スポンサーサイト

ダブルリーチ

先週来店のお客様のある卓でのこと・・・。結構元気よくリーチがかかった。卓の下では、まだ牌が《回っている》ゲーム開始直後のダブルリーチだった。まあ、第一捨て牌でリーチというのは、私などの経験では、本当に珍しい強力な《ツキ》で、自身の経験としても、これまでに10回とはないと思う。その私がもっとも最近に体験したダブルリーチでは、何と、和れずに流局するという、とても《悲劇的》な結果となったのであった。まあ、屁理屈を言えば、ダブルリーチは「かけること」自体に《意味》があるので、待ちの形が相当悪くても、かけてしまう。その結果、大変出にくい聴牌で・・・・「流れる」。が、何と言っても、私の場合、《引き》が弱いことが決定的原因として「流れた」のだと思う・・・・。さて、先週のお客様の卓でのダブルリーチは、「一発ツモ」・・・・!つまり、ダブルリーチ・一発・ツモで満貫。和了したご本人の《解説》だと、配牌で聴牌しており、第一ツモでの地和を期待したが、だめで、待ちを雀頭八筒単騎待ちから、第一ツモの發単騎に入れ替えて、八筒でのリーチとなったとのことであった。もちろん、「単騎待ちは字牌」の定石に従ったわけだったろう。2000、4000の点棒授受が済んで、入れ替えボタンを押そうとしたら、卓の下では、まだ牌のセットが完了せず、機械は回り続けていたのだった。
大変珍しいものを見ることができ、お客様に感謝!!

祝:字一色和了

先に嵌5索一発ツモのお話をアップしたことがあった。あのブログを《ご本人》がしっかり読んでいて、「あれって僕たちのことですよね」と声をかけてくれて、当方びっくりするやら、うれしいやら・・・。ほとんど読者ゼロを覚悟して書いていたので、当店のお客様がたまに覗いてくれていることを知り、大いに《励み》を得たのたった。
その「5索一発ツモ」さんが先週木曜日に字一色を栄和了!!是非ブログで取り上げておいて!とのことで、《約束》を厳守すべく雨の日曜日、パソコンに向かっている・・・。南ポン1フーロのみでの9巡目、西・發シャンポン待ちなので、放銃もまあいたし方ないところ。《早過ぎ》と恨み節も出そうだが、そこは人徳、放銃した人もにこにこして、32000点を支払っていた。写真も掲載してよい、とのことで記念撮影をさせてもらったが、ブログで写真掲載は今までやっていないので、というよりもそのようなテクニックがないので、次回来店時に「記念写真」をプレゼントできるよう準備している。Dekkyさん、次来た時、お渡ししますね。で、ところで、どうしてDekkyなんですか???