FC2ブログ

いよいよ師走

ついに12月到来。2018〆の日々であるとともに、平成年号最後の師走となります。
その意味では、年の区切り以上に、時代の区切りも意識してしまうところです。
考えてみると、30年前、誰もが、当然若くて、元気いっぱいでした。
現在の境遇を見通していた人など、そうそうはいないのでしょう。
私自身も、雀荘の経営者になっているとは、100%思っていませんでした。
が、実際この30年を振り返れば、ある種の必然性というか、運命の配置の妙は感じざるを得ません。
30年前にやっていたいろんなことが、今を支えていると思えることは、幸運なことなのかも・・・。
想定外の「運命の仕事」を今月もしっかり推進していきます。
どうぞ、ご利用ください。
スポンサーサイト