祝:字一色和了

先に嵌5索一発ツモのお話をアップしたことがあった。あのブログを《ご本人》がしっかり読んでいて、「あれって僕たちのことですよね」と声をかけてくれて、当方びっくりするやら、うれしいやら・・・。ほとんど読者ゼロを覚悟して書いていたので、当店のお客様がたまに覗いてくれていることを知り、大いに《励み》を得たのたった。
その「5索一発ツモ」さんが先週木曜日に字一色を栄和了!!是非ブログで取り上げておいて!とのことで、《約束》を厳守すべく雨の日曜日、パソコンに向かっている・・・。南ポン1フーロのみでの9巡目、西・發シャンポン待ちなので、放銃もまあいたし方ないところ。《早過ぎ》と恨み節も出そうだが、そこは人徳、放銃した人もにこにこして、32000点を支払っていた。写真も掲載してよい、とのことで記念撮影をさせてもらったが、ブログで写真掲載は今までやっていないので、というよりもそのようなテクニックがないので、次回来店時に「記念写真」をプレゼントできるよう準備している。Dekkyさん、次来た時、お渡ししますね。で、ところで、どうしてDekkyなんですか???
スポンサーサイト
コメント

No title

そんな字一色のDekkyさん、字一色の直後に親のフリテンリーチで、皆さんに点棒のおすそ分け。半荘終わった時に残っていた点棒は100点棒が1本。 放銃したDekkyさんの上司が半荘トップ。麻雀はわからないものです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する