3.11

東日本大震災から丸々5年経過しました。あの日と曜日の配置がぴったりいっしょだ!!ということに今日気づきました。
5年前、OPENしてまだ日の浅かった当店は、経営的にも安定せずに、「明日の土曜健康マージャン頑張らなくちゃ」と思いつつ、《期待の金曜日》の仕事に向かうため、地下鉄のホームに入っていった時でした。けたたましいブザー音が突如鳴り響き、「?」と思う間もなく、構内アナウンスが「大きな地震が発生しました」と伝えたのでした。その瞬間は、まだ揺れてはいませんでした。が、間もなく未体験の激しい揺れが来て、本能的に、「地上へ」と駆け出したのでした・・・・。揺れがある程度収まって、四苦八苦、家に駆け戻ったら、もう仕事に向かうどころではなく・・・・・
翌日の健康マージャンは、ゲストは来ないし、店内片付けは大変で、とても開催できるような状態ではなかったのでした。
あの日から、丸5年の金曜日!
ずいぶん大変な5年間でした。自分のことと店を守り抜くことで精一杯の日々で、支援も募金もボランティアも何もできませんでした。ただ、密かに心していたことがあります。被災地に向けて、「この苦難の中でも、希望を失わないで」とは《発信しない》決意でした。これほどの悲劇を前に、希望を見出すのはなまなかのことであるはずがない。私は、私が直面している「苦難」など、ほんとに小さな豆粒みたいなものなのだから、自分などは何があっても、希望を捨てるわけにはいかない。そう覚悟することで、ささやかに被災地に「連帯」しようと考えたのでした。私が、どんな苦労にも耐える覚悟を固める時、初めて、私にも他者に向かって「希望を失わないで」と祈る資格が得られると思ったのでした。
いま、5年の年月は、私にある種の「希望」をもたらしてくれました。頑張ってきた甲斐があると思えます。
被災地の方たちは、スケールは全然異なりますが、中には「5年の歳月が、幾ばくの希望や納得をもたらした」と感じられている方もいると思います。願わくは、被災したすべての方が、年月の経過の中で、徐々に癒され、希望を取り戻されんことを。

スポンサーサイト
コメント

震災5年

ご無沙汰しています。
いつの間にか、震災5年になりました。
今年(に限らず例年)の節目の日は、やはり「あの時」を思い出します。視界にヒビが入っていき、何もかも崩れ去るような感覚と衝撃を。そして、彷徨ったあの時を。

>あの日と曜日の配置がぴったりいっしょだ!!
言われてみれば曜日配列が同じですね。確か、あの時の数日前にも強い地震があったんですよね。しみじみ。

>「この苦難の中でも、希望を失わないで」とは《発信しない》決意でした。
おっしゃる通りと思います。いくら「がんばって」と言われても、何をどう頑張るのか…。手は差し伸べられるけれど、差し伸べられた後は、何の準備のないまま「さぁ!進みなさい!」と砂漠の中に放り出された感覚ですか。
結果的に、無意識だろうが意識的だろうが歩いて来たら、いつの間にか、現在の状況になった。
言い方に語弊はあるだろうけれど、周囲のサポートと準備は必要ですが、言われなくとも人は「その時」が来たら、「どっこいしょ」と腰を上げ始めるものでしょう。

希望は、ある程度、見通しが立てば出てくるものと思います。ただ、「見通し」の内容によって希望を見出すのが早かったり遅かったりする。

本当は、あーだ、こーだ言わず、各々が望む希望に向かって黙々と動ければいいのだろうけど、各々が望む希望は「全く同じ元の生活」。
それが、例え不可能だと分かっていたとしても、踏ん切りがつかないから「全く元の生活を戻せ」と。

震災5年。いまだ、難しい課題です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する